Top

カテゴリ
tour_jornal
tour_food
以前の記事
2018年 02月
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
on the way to zoobombs
4.18 basementbarにてDON's Magic Mountain Band のライブでした。
久しぶりに強い集中力を使って、それがちゃんと演奏に機能しました。どこへいくか予めは判らないが、鳴っている音を聴いて読み、そこから先を導かれるつもりで演奏しました。演奏者皆がその波にドボンと入り込み、無我夢中に演奏した、ような、良いライブでした。やった、という感じに近付いた。ドラムに五味くん(初対面)、ソコラノからおおのくんG、アサイくんB、ヤスダくんPec、そしてクロちゃんsynthでした。ソコラノグループのライブもとても!良かった。やっぱり自然に体が動いてしまうようなのが好きだなあ。自分の出番前だったけど、全て残らず観てしまった。
CATSUOMATIC DEATHに出演して頂き、ひさびさによっちゃんにお会いした。以前GBにフラリ観に来てくれた時以来? メタルチックスは密かに観に行ってたんだけど、話したのは久しぶり。かっこ良かった。たくましい。鍛えてるんだって!"ベースも弾いてたんだって〜?" と言われ"うん、でもやったことなくてなかなか形にするのが難しかった" と言うと "でも、頭の中では鳴ってるんでしょ?" と言ってくれ "そうそうそう~"と嬉しかった。

そんな感じで、前へと進んで行っております。
5月は2本ライブ入ってます〜。(15日渋谷RUIDO K2、23日下北沢CAVE-BE)

c0148667_13423573.jpg

[PR]
by mattairaira | 2014-04-20 13:38
カルキさん
ここ2ヶ月ほどだろうか、家にいると、時々ふと"いぶ臭い"においがするのです。いぶ臭いってのは、煙くさいというか、燻製ぽいにおい。ストーブでもないし、煙草のにおいとも違う。となりの家のおじさんの部屋の煙草かな?と思ってもみたけれど、違う。窓を開けてにおいをかいでも外からのものじゃない。で、、、それがどこから来るのかが、未だにわからないのです。しかも、そのにおいを感じるのが、私だけ。時々、あ、またにおう、と思ってしばらくするとしなくなる。「ほら、このにおいだよ、いましてるよ」と言っても、私だけ。いつまでも謎のまま。

そういえば、子供が産まれてわりと間もない頃にも、家にいて「塩素(カルキ?)のにおい」がすることがあった。はじめは掃除して使った漂白剤のにおいが残ってるのかな?とか漠然と思っていたのだけど、そうじゃなかった。それも私しか感じなかったのだけど、あまりに、続くので、思いあまって水道局に電話をかけた事があった。確か「なにか水道水にカルキが多く入っちゃったとかありますか」みたいな超馬鹿な事を聞いたのだが、丁寧にそのようなことはないですよ、と教えてくれたっけ。そのあと、友達と鎌倉に行った帰りの夕方の小田急線で座っている時に、ふわっと、突然その塩素のにおいがしてきたので、ありゃりゃ、これはなんか自分の身体(頭?)の問題かも?と思ったものだった。その後、いつの間にか、そのカルキのことは忘れてしまっていたけれど。

はて、こういうビヨキってあるのですかねえ。
[PR]
by mattairaira | 2014-04-13 01:32
-


Greg Ashleyの新曲聴いて下さい〜
King Khanと共に数年前にレコードされたもので、
ズボンズの"My Big Friend"の歌詞違いのカバーです。

ま、歌詞は、おい…! って感じです。
だけど、無茶苦茶Gregの世界だと思う。


グレッグと共に原曲(MBF)を録った時のオークランドレコ日記 3yrs ago
-->
[PR]
by mattairaira | 2014-04-05 14:17
フ終了
3月末の2回のライブを最後にランドルフの活動を終えました。
やはりDONのやりたいことはズボンズである。それは9月以降かなり早い時期から話していた事だが、年が変わってソロアルバム制作、ツアーを通して彼の中で確信になった。 あれもやってこれもやって、と力を分散させるようなやり方は向いていなくて、これというところにぐぐっと注ぎ込みたい。それをやるのに、ランドルフでは緩くなってしまうのはわかる。
本気でやったらメンバーが辞めてしまう、という一種のトラウマ、結局それすら、乗り越えなくちゃ成し得ない事を望んでいる(just my thought) 。

そんなランドルフの緩さも好きだった。ズボンズよりもオルタナぽくてこっちの方が良い、入りやすい、と言ってくれる人もいた。私の初心者ベースもDONソロで一緒した時にりょーちゃんに内緒のコツ(でへへ)を教わり、多少良くなってきたかというところだった(..か?)。最後の2回のライブがそれまでのランドルフと違ったのは、ズボンズ的な容赦しないやり方をDONが持って来たから。それはあははと笑って出来るようなライブじゃないかもしれないけど、私は楽しかった。楽器は違うが、グルーヴが渦になり引っ張り上げられる感覚がまた少しあった。こういうランドルフもいいなと思ったが、それはまだ入口で、DONの中ではこんなもんじゃないのだ。こんなもんじゃなくなったら、私も皆も付いて行けなくなる。それは明確だったので、その2回目のライブの直後に終わりが決まった。ズボンズっぽいランドルフやるくらいなら、ズボンズそのものやればいいじゃん。
くろちゃんとよしおくんという2人の若者から学ぶ事も多くありました。飲んだりして色々あったがひっくるめて楽しかった。ランドルフがどこか可愛らしかったのは彼らの色があったからだと思う。

これからまた茨の道かもしれないけど、行くしかないね。
c0148667_0494373.jpg
photo:yuusuke katsunaga

[PR]
by mattairaira | 2014-04-05 11:33
free stats