Top

カテゴリ
tour_jornal
tour_food
以前の記事
2017年 03月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
s_k
c0148667_913266.jpg
kumaku from tokyo and space lion from kingston met in montreal
[PR]
by mattairaira | 2010-07-30 09:14
.
ちいさなばあさんに出会った
まあるい帽子を かぶってる
まあるくなって すわってる
平和なばあさん 日向ぼっこ

どこからともなく クラシックギター
ばあさん コードを弾いている
ばあさん 小さな クラシックギター
ボクにくれると にっこり笑った

みんなでお礼にうたをうたった
ばあさんを讃えるうた
ツイストアンドシャウトのまねをして
ボクはいちばん高いところをうたった


(プレゼント 1993)
[PR]
by mattairaira | 2010-07-28 13:56
淡い海の町
c0148667_5183692.jpg

頭に瘤のある爺さんが、唸りながら急に近づいて来て私の肩を叩いた。そして唸りながら、自動販売機の使い方を体全体で説明した。そのように見えた。本当は、この酒を俺に買ってくれ、と言いたかったのかもしれない。
[PR]
by mattairaira | 2010-07-27 05:22
these days
たくさんツアーの写真が出来て来た。今回はOlympus Pen (もちろん銀塩)しか持っていかなかった。これで外国写真を撮ってみたいというのがあったのだけど なにしろ古い機種なのでこれだけにするというのには勇気がいりました。 フラッシュはホットシューにつけても連動してくれず、手動でカメラのシャッターボタンと同時にフラッシュの強制発光ボタンを押すという荒技のおかげで、ほぼ失敗。でもなぜかわからないが旅の終わり頃には連動発光するようになっていた。なかなかスキャンする時間がないけど(大漁、いや大量すぎるの)いずれ私の趣味のflickrにあげます。あとは携帯カメラで毎回の食べたもの(他ブログ用しゃしん)を記録してた。いつかここにずらっとあげて記録をみてみたいけど うんざりしてすぐ消去するかも。

帰って来てからyour33ばっかり聴いている。よい、かなりよい。全然今時の音じゃないんだけど‥。これはアメリカ人にしかできないという感じ。彼ら、2度一緒にやったけど、2度目は1度目の暗闇猛暑の中の激しい演奏とはガラっと違うものだった。ちょっと泣けた。心の琴線に触れてしまった。(きっとうちらが激しくなると知ってそうしたんだと思う)その時のセットを観てすごくバンド力があると感じた。3度目は見逃した。じぶんらのライブのあとに出向いたので間に合わなかった。最後の曲のラストのノイズしか観れなかった。あまりのノイズのデカさにきっと今日はがっつりやったのかと思うとみれなくてほんとくやしかった。好きなバンドが増えてうれしい。"また今度"。

70代の女性の仲間がいる。キリっとしていてチャキチャキ良く動く、きれいでちょっとかわいい人だ。結婚もせず子供もいない。その事によって本人も時々"我ながら変だなあ"と思うそうだ。どこか大人になれないというか、"精神年齢が低い"んだそうだ。確かに彼女はどこか気ままで、他の為になにか我慢するとかあまりないし、どうでもいいことでムキになったりも、する。彼女の言う事をときどき"はいはい"と聞き流したりもする。でも私はそんな彼女がいつもとても好きだ。どこか安心するところがある。それは誰にとってもそうではないらしいのだけれど。
[PR]
by mattairaira | 2010-07-21 00:56
sweet_things
c0148667_14431879.jpg

心からよいと感じるものがそこにはある。そのことはものすごい事実。そうでありながら 自分がそこに行かなければ一生知ることもない。それもまた事実。「自分に」これは良いと思わせるなにか。それは自分にしかわからない。自分にとってかけがえのないものをみつけられる喜びは大きい。「自分」が自分でよかった、と思うことができる。
[PR]
by mattairaira | 2010-07-16 09:33
a_me_ri_ca
どこもかしこもアメリカ。アメリカってやっぱり、ちがうんだなあ。それで舞い上がることはもうないのだけれど。

昨日の夜は予想の付かない不思議な体験だった。idなしでビール1ドル買えるプエルトリコ人街の夜中のグロッサリー、とか、レンガの建物と建物の間にはさまれた教会の庭から見上げる夜空にかすかに星が瞬くインディペンテンスデイ、とか、どうみてもおいしくなさそうなBBQのハンバーガーが実は相当おいしいとか、真っ暗でメンバーの顔も判別のつかない空調なし空気の薄い教会の中でライブをやるとか、そのとなりのプエルトリコ人の教会のセッションを日本人とカナダ人とアメリカ人が見学しているとか。

他のバンドのライブもよかった。your33 black angelsかっこよかった。いいなあ。モントリオールからきたDelicious/Viciousもよかった、好きなサイケな感じだった。ただし暑すぎて苦しくなりすべてを見ることはできなかった。多くの人が同じ状態で結局は庭に出ていた。
ビールを飲まずにいられない夜でした。
[PR]
by mattairaira | 2010-07-05 05:21
brooooooklyn
ひょんなつながりから、にゅうようくらいぶを急遽追加することができた!うれしい!だいだいアメリカにきて休んでるひまはないよね!
[PR]
by mattairaira | 2010-07-04 03:57
free stats